中章滋

 いい加減な都市計画や政権の交代などでよく起きる事だが、旧市街と新市街の間には時々不可解な街区が出現する。こうした街の外観は、壮麗な中心地の観てくれが末端では竜頭蛇尾に終わり、辻褄をあわせる仕方で如何ともし難い混乱と整序が同居しているものである。それは廃虚や、歯が抜けるように出来た空き地を廻って、路だけが整えられているからであろうか。放射状に伸びる路は、ローマか海でなければ一体何処で終わればいいのか? といった設問に断を下すかのように断ち切られている。
 
  そこは人気が無く、如何なる時代からも取り残された、さながら「カリガリ博士」のセットを思わせる奇妙な交差点だった。坂道が落ち合う五差賂一杯に何の機能も果 たさないと思われるストライプ模様が覆い尽くし、まるで裏返ったオニヒトデのようだった。その星型の東南の位 置に、海洋レストラン「フェルマータ」はあった。店先には巨大な水槽が設えられており、白と黒のタイルがアールデコ調に装飾された店構えは、カレーやスズキやキンメダイの遊泳によって、さながらポンペイのモザイクタイルを彷佛とさせる。
 先程から私は、この水槽の反射を通して左右反転した街の鏡像と、海の生物達を交互に眺めている。そこには勿論私自身の姿も投影されていて、同時に三つの視覚を愉しんでいる訳だ。
 水槽の中のかりそめの海には、ホンダワラやサンゴ岩なども配されて、決して調理目的のみでない意匠が施されていたが、私が最も注目していたのはヒョウモンダコの存在だった。この恐ろしくも美しい海のピグミー族は、紫色と白の鮮やかな縹模様で人を魅するのだが、このタコにうっかり刺されようものなら猛毒によって命を落とすこともあり得るのだ。こんな小さなタコが、タッツベルムやマルドロールのタコにも比すべき悪意を持っているとは、正に驚嘆に値する。
 ヒョウモンダコは先程から揺らめく海藻の枝を八本の足を器用に搦めながら伝い歩きしている。すっかりタコの観察に気を取られていた私の後方に、その時、何か人影らしきものが過るのが眼の端に飛び込んできた。
 視線をそちらに転じると、その人影は向かいのタバコ屋の死角から現れたのであった。その歩みは余りにもゆっくりで、ゼンマイ仕掛けの人形のようにしか映らなかったが、子細に眺めるとそれは眼にオペラグラスを逆さに固定した男で、幽霊のように両手を前に翳し広場を横断しつつあった。どうやら遠近感がまったく掴めぬ らしい。
 私の興味は俄然この不可解な男の方へと奪われてしまった。男は初老で、クモのように痩せぎすの体躯の上に長い頭を乗せていた。明らかにセム系の人種と窺われる。が、印象はH・G・ウェルズ描くところの火星人に最も近かった。服装はスラックスに長首のセーターといった、いたってシンプルな装いで、矢張り奇異な印象の中心は、第一次大戦で頭部を負傷したアポリネールがつけていたハーネスと暗視鏡のようなグラスであった。ここでは仮に彼の名をミロスと呼んでおこう。ミロスはタバコ屋の角から何とか北側の床屋の角まで渡りきり、回転する有平棒(あるへいぼう)に眼を回したのか激しく尻餅をついていた。
 周囲には、彼と私以外誰もいないようだ。仕方なく急いで道を横切り、抱え起こしたミロスの体はまるで中身がないかのように異様に軽かった。半開きの口元に頬を近づけると呼吸は淺く、両目をグラスで覆われているため、顔の表情はつかめないが、どうやら意識を失いかけているようだ。ぐったりとしたその体をもてあましてもう一度周囲をうかがってみたが、相変わらず人気は断えたままである。ただ、巨大な水槽の中からヒョウモンダコが瞼のない目でじっと見つめているばかり。
 一瞬の躊躇の後、私はミロスの両目からグラスを取り上げた。彼は目を瞑り低く呻いただけでたいした抵抗はしなかった。そのまま力無く横たわるミロスを足下に残して、私はグラスを自分の目に当てて立ち上がった。瞬間、世界がぐらっと揺れた。確かにそう感じたが、あるいは気のせいだったのかもしれない。
 視界に映る光景は激変していた。波打つごときストライプ模様が視野一杯に広がり、それは地平線の果 てまでも永遠に続くかと思われた。巨大な水槽があるはずの方向に視線を転じても、見えるのはただ茫漠と続くストライプ模様の海だけだ。
 試しに一歩前に足を踏み出してみる。途端に視界全体が波のように揺れてざわめき、眩暈に襲われたように瞼の奥がずきずきと疼いた。だが、光景に変化はない。見渡すばかりのストライプ模様だ。
 ふと気がついて、足下のミロスに目を向けた。はるか彼方に豆粒ほどの大きさでミロスは横たわっている。そろそろと腰をかがめていくと、スカイダイビングの急降下よろしくミロスの体がぐんぐんと迫り上がってくるように見える。その感覚もまた、私に激しい眩暈をもたらしそうだ。
 大きく頭を振り、深呼吸を一つしてから、水槽があると思われる方角へ歩を進めた。足を一歩踏み出すごとに視界がざわざわと揺れて蠢き、遠く地平線の彼方に見覚えのある水槽の姿が一瞬ちらっと映ってはまたすばやく消えていった。まるで広大な砂漠の中に浮かんでは消える幻のオアシスか蜃気楼のようなその姿を追い求めて、私はのろのろとした歩みを続けた。
 実際、遠近感の定まらない世界を歩むには途方もない時間がかかるようだった。それとも、私の時間感覚もまた極端にずれてしまっていたのだろうか。とにかく、かなりの努力と膨大な時間を使って、ようやく私は再び巨大な水槽の前に立っていた。
 そう思ったのもつかの間、私は水槽の中の魚と化していた。子細は解らない。グラスを装着した時から視覚は既に魚眼となっていたが、私は水槽飼育用の階段を昇りきり、落下したのに違いなかった。冷たい海水も呼吸の困難も私を恐れさせなかったが、脱出しようともがきながら戦慄を禁じ得なかったのはヒョウモンダコの存在だった。否、もう既に刺されてしまったのかも知れない。サンゴ岩に強かに頭を打ちつけていたので、衝撃が先立っていた。まして痛みは水の中では伝わりにくい。それどころか、最早全身の感覚が麻痺しつつあるのだ。切れ切れに見える混乱した視覚に、あのミロスの顔があった。水槽を覗き込む仕種が暗いトンネル状の視覚の先に見える。その顔には眼球がなく、無気味な笑いが浮かんでいた。