『オロール・ヴァクィ』(空間恐怖)    田中章滋




 夜になるとぼくはアバトーンを抜け出すのだった。 鏡の片隅で時間が凍りつき、鉛色の影が眠りの回廊を塞ぐまえに。街では虚空を行き交う冷たい風が、糸杉を驚かす馬の嘶きとなって火花を散らし、噴水の下の石像を震わせた。二つ折りになって濃い影をつくる深夜の幻燈機、その中で椋鳥が身体を寄せあっている。運河に沿って撒かれた石灰が、ほの白い舵手となって何処までも続く地上の航路を描き出していた。朽ち果 てた船の星の印。
ああ、何と霊的なヴィジョンだろう───極光の鈍い澱みの中から、家々の尖った屋根が立上がり、海を渡る甲烏賊の大群のように神秘的な外観を与えていた。

 ぼくは探していた、ぼくの頭蓋から逃走したミネルヴァを───彼女はタナグラ人形、大理石の斑入りの肌に真っ赤な瞳を嵌めていた。バビロニア産の熱病の苗床。とても握りのいいピストルの、引き金の誘惑が、彼女をぼくから奪ったのだった。
それからというもの、ぼくの羅針儀は狂いっぱなしだ。ぼくはあらゆる土地を愛した。ぼくはあらゆる人を愛した───蓋し唯一つのものを除いて。

 ぼくは見る、ぼくの舷窓から。さかさまの夜景 ───岩礁の惨たらしいベッド。胸をはだけ、波の愛撫を受ける黒天使を。
 月が孔雀の羽根を展げ、空一面を埋め尽くしていく。そこに、髪で覆われた半分の仮面 を発見けて、ぼくは漠然と彼方を思うのだった。